東芝エネルギーシステムズ(川崎市)と岩谷産業は、北海道釧路市・白糠町などにおける水素サプライチェーン実証実験の本格運用を開始した。このほどすべての実証設備が完成し、5月24日に現地で開所式を開催した。

 再生可能エネルギーの電気で水素を製造・運搬・貯蔵し、燃料電池コージェネレーション(熱電併給)システムと燃料電池自動車(FCV)で利用する。

 環境省に採択された実証事業「小水力由来の再エネ水素導入拡大と北海道の地域特性に適した水素活用モデルの構築実証」で、水素の製造から貯蔵・運搬・利用までの一貫した低炭素なサプライチェーンモデルを構築する。実証期間は2019年度末まで。

 白糠町にある庶路ダムに200kWの小水力発電所を建設した。同発電所で発電した電気を用いて、東芝エネルギーシステムズ製の水電解水素製造装置で水素を製造する。同装置は、1時間あたり最大約35Nm3の水素製造能力があるという。

 製造した「小水力水素」は岩谷産業が貯蔵・運搬する。釧路市内の福祉施設、白糠町内の酪農家、白糠町温水プールに東芝エネルギーシステムズ製の燃料電池「H2Rex」を設置し、水素を燃料に電気と温水を供給する。また、トヨタ自動車・士別試験場のFCVにも水素を供給する。

 寒冷地域である北海道は熱利用が多いため、地域一体となった水素サプライチェーンを構築することで、H2Rexが供給する電気と温水の両方を最大限に活用できるとしている。北海道に適した再エネ導入のあり方を検証する。

北海道の水素サプライチェーン実証概要
(出所:東芝エネルギーシステムズ、岩谷産業)
[画像のクリックで拡大表示]