ニュース

大阪ガスも「卒FIT」太陽光を買い取りへ、3段階で単価アップ

2019/05/17 16:49
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ

 大阪ガスは5月15日、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了する「卒FIT」住宅太陽光向けの余剰買取サービスを11月から開始すると発表した。誰でも契約可能な「買取プラン」の買取単価は8.5円/kWh。また、同社の電力サービス契約者向けに高額の買取プランも用意した。

 同社の電力サービス「大阪ガスの電気」契約者向け「電気セット買取プラン」の買取単価は9.0円/kWh。さらに再生可能エネルギーの電力メニュー「スタイルプランE」を組み合わせた「電気セットプラン+スタイルプランEオプション」は同9.5円/kWh(いずれも10%の消費税相当額を含む)。

大阪ガスの余剰電力買取サービスの概要
(出所:大阪ガス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 契約期間は翌年3月末日までで1年ごとに自動更新される。買取料金は12カ月に1回、顧客の指定口座に振り込む。なお、買取単価は今後、見直す場合があるとしている。

 6月3日から同社ショールームおよびコールセンター、Webサイトで申し込み受付を開始する。対象地域(府県)は、滋賀、京都、大阪、奈良、和歌山、兵庫、福井の一部、岐阜の一部、三重の一部。

 大阪ガスは、家庭用電気の供給件数が2019年5月に100万件を突破した。また、同社が卸販売する大阪ガスサービスチェーンによる太陽光発電システムの累計販売件数は2018年度に2.5万件を突破したという。

  • 記事ランキング