東北大学と東京大学の研究グループは2016年5月14日、全固体リチウムイオン電池の新しい負電極材料「穴あきグラフェン分子(CNAP)」を開発したと発表した。汎用の黒鉛(グラファイト)電極の2倍以上の電気容量を実現し、65回の充放電後も容量を維持することを確認した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!