お薦めトピック

オンライン健康相談「first call」、NTTドコモのdヘルスケアと連携

2018/05/16 07:00
増田 克善=日経デジタルヘルス
first callのチャット相談、テレビ電話相談画面
クリックすると拡大した画像が開きます

 メドピアの連結子会社で、オンライン健康相談サービス「first call」を提供するMediplatは、NTTドコモが提供する「dヘルスケア」とサービス連携した。これによりdヘルスケアの有料会員であれば(月額利用料500円)、first callで身体の疑問や不調を感じたときにチャットやテレビ電話で医師に直接相談できる。

 dヘルスケアは、健康管理やダイエットに関する複数のサービスを月額500円で利用できるサービス。食事や睡眠時間の管理、トレーニング、女性向け体調管理などのアプリなどが多数利用できる。また、歩く・走る・体重を測る・健康クイズに答える・健康に役立つ情報を読むなど、推奨される健康行動を達成するとdポイントやクーポンを獲得できる。

 今回の連携によりdヘルスケアの有料会員は、従来のサービスに加えてfirst callを追加利用料なしに利用可能となる。具体的には、スマートフォンおよびパソコンからチャットで医師に相談できるチャット相談と、パソコンでのテレビ電話相談が利用可能。相談科目は、全12科目(内科、小児科、産婦人科、皮膚科、眼科、精神科、耳鼻科、泌尿器科、外科、整形外科、がん診療科、その他)を網羅している。

 チャット相談は、テキスト(文字)に加えて、皮膚などの写真も添付可能。相談本人は匿名、医師は実名で回答し、1回の相談あたり3往復までやり取りができる。

 テレビ電話相談は、パソコンによるテレビ電話で顔を見ながら15分間、医師に相談可能。さまざまな診療科目の医師の中から医師を指定し、日時を予約の上、利用する。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング