お薦めトピック

情報医療が11億の資金調達、AI開発を推進

2018/05/15 17:15
近藤 寿成=スプール
情報医療のメンバー。左からCEOの原聖吾氏/CTOの巣籠悠輔氏/COOの草間亮一氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 デジタルヘルスベンチャーの情報医療は、2018年4月末までに三菱商事など4社から11億円を調達した。さまざまな医療現場の実情に対応した人工知能(AI)の開発が目的。第三者割当増資の引受先となった各社に加え、今後も幅広い事業会社、病院、研究機関などと連携して、医療の情報を適切に活用するためのソリューションを生み出すとしている。

 情報医療は、早期の病気発見や重症化予防のために適切な治療法を提示するなど、医療現場などで活用されるAIを開発。AIを活用したヘルスケアソリューション事業や、オンライン診療アプリ「curon(クロン)」などを展開している(関連記事)

 ヘルスケアソリューション事業とオンライン診療サービス事業の2つを通じ、「健康・医療に関する情報が、自ら所有するものとして蓄積され、主体的に活用されることで、すべての人が、納得して生きて、死んでいける社会づくりに貢献する」というビジョンの実現を目指す。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング