富士通は2017年5月11日、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)を活用した新規事業を顧客企業とともに創出することを目的とした「共創のためのサービスプログラム」の説明会で、オープンイノベーションを推進できる人材「デジタルイノベーター」を今後3年で1200人育成する計画であることを明らかにした。若手システム・エンジニア(SE)を中心に、考え方を転換するとともに、世の中の新技術に広く目を向けられるよう再教育していく。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!