大阪市立大学と理化学研究所(理研)は2016年4月26日、将来の疲労を予測する脳のメカニズムを発見したと発表した。研究結果は、このメカニズムが疲労の病態に深く関わっている可能性を示唆しており、疲労の慢性化を防ぐ新たな対処法の開発を進める上で重要な成果と説明している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!