お薦めトピック

富士フイルムがエルピクセルと提携、診断支援にAIを

2018/04/13 11:10
増田 克善=日経デジタルヘルス

 富士フイルムは、デジタルヘルスベンチャーのエルピクセルと提携した。両社は、医療画像の診断支援に用いられる人工知能(AI)技術に関するパートナーシップについて合意。エルピクセルが開発する診断支援AI技術を、富士フイルムの医用画像情報システム(PACS)に搭載することを目指す。

 富士フイルムは、自社内でのAI技術開発と並行して、多様な疾患に幅広く対応するため国内外のAI技術ベンダーとも積極的にパートナーシップを組み、それらの技術を自社システム上で利用できるサービスの開発を加速させる方針である。その取り組みの一環として、医療領域の画像解析に強みを持つエルピクセルと提携した。

 エルピクセルは、医療領域の画像解析に強みを持つ東京大学発のベンチャー企業。現在、複数の医療機関と連携し、AI技術を活用した医療画像診断支援の研究開発を進めている(関連記事)

 富士フイルムは、医療画像診断支援、医療現場のワークフロー支援、医療機器の保守サービスなどに活用できるAI技術の開発を自社で進めている。これらの領域で活用できるAI技術を「REiLI(レイリー)」というブランド名称で展開していく予定という。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング