ニュース

東急不、リニューアブル・ジャパンの増資引受、資本提携を強化

2019/04/11 15:28
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
リニューアブル・ジャパンと東急不動産、日本アジア投資が共同で建設した岩手県一関市の営農型メガソーラー
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 東急不動産とリニューアブル・ジャパン(東京都港区)は4月5日、再生可能エネルギー事業における業務提携を強化すると発表した。東急不動産がリニューアブル・ジャパンの第三者割当増資を追加で引き受けることについて、3月29日付で合意した。

 両社は、2017年8月に業務提携を発表していた。東急不動産は、リニューアブル・ジャパンが第三者割当増資で発行した普通株式約5億円分を引き受けるとともに、全国の太陽光発電約250MW分の共同で開発を進めてきた(関連記事:一関市で営農型メガソーラー稼働、採光率50%で麦栽培)。

 また、2018年に政府が「再生可能エネルギーの主力電源化」などを記載した第5次エネルギー基本計画を閣議決定したことなどを受け、両社は業務提携をより一層強固なものとすることで合意した。

 今回の第三者割当増資の金額は非公表だが、増資後のリニューアブル・ジャパンの資本金は11億1200万円になる。また、提携範囲を太陽光発電事業に限定せず、洋上を含めた風力発電事業、バイオマス発電事業、次世代再生可能エネルギー事業全般に拡大する。

  • 記事ランキング