• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

十倉クリニック、医療スタッフとしてPepper導入

2016/04/07 16:35
小谷 卓也=日経デジタルヘルス
医療スタッフとして導入したPepper
クリックすると拡大した画像が開きます

 十倉佳史胃腸内科クリニック(京都府亀岡市)は、医療スタッフの一員としてソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」を導入した。これまでは、医師が内視鏡検査の必要性を説明し、医師と看護師が検査説明を行っていた。今後は、Pepperがクリニック紹介や診療案内、検査説明などを行う。

 今回の機能は、M-SOLUTIONSが提供する、Pepperの動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」を採用して実現した。今後は、十倉佳史胃腸内科クリニックが「自己診断フローチャートの作成」「満足度のアンケート集計」などのアプリを作成していく予定。

 将来的には、さらなるPeeperの活用も検討しているという。具体的には、Pepperの問いかけによる問診票の作成や作成した問診票と電子カルテの連携、認知症の患者がどこにいるかを探すイマドコサービスとの連携、複数Pepperが患者1人ずつを受け持ち、全てのPepperを一括して管理コントロールできるシステム作りなど、を挙げている。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング