SimpleFuel
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
SimpleFuelの内部構造
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車は4月4日、太陽光発電の電力を活用して水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充填装置「SimpleFuel(シンプルフューエル)」を、同社元町工場(愛知県豊田市)に導入したと発表した。

 SimpleFuelは、工場敷地内の太陽光パネルで発電した電力を使って水を電気分解して水素を製造・圧縮・蓄圧し、燃料電池フォークリフト(FCフォークリフト)に充填するまでの工程を一貫して行える水素ステーション。

 水素の製造量は、最大99Nm3/日(約8.8kg/日)で、FCフォークリフト7~8台分を充填できる。貯蔵量は72.18Nm3、充填圧力は35MPa。コンパクトサイズで比較的小さなスペースに設置できるため、工場内での水素充填用途に向くという。

 元町工場では、豊田自動織機製のFCフォークリフトを2018年までに22台導入した。2019年は、環境省の「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(再エネ水素を活用した社会インフラの低炭素化促進事業)」を活用し、SimpleFuelに加えてFCフォークリフトを50台追加した。

 今回の再エネ由来水素を製造・使用する取り組みは、愛知県による「低炭素水素認証制度」の認証を受けた。同社では、2015年に発表した「トヨタ環境チャレンジ2050」のひとつとして「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現に向けて、工場での水素利用を目指して水素エネルギー活用技術の開発・導入を進めている(関連記事:豊田自動織機、工場内に「再エネ水素充電所」設置)。