変換効率25.09%を達成した6インチの単結晶シリコン太陽電池セル
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]
ヘテロ接合バックコンタクト構造の模式図
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは3月27日、6インチサイズの単結晶シリコン型の太陽電池セル(発電素子)で世界最高となる変換効率25.09%を達成したと発表した。

 同社の高効率太陽電池「BLACKSOLAR(ブラックソーラー)」のバックコンタクト構造と、ヘテロ接合の技術を融合した「ヘテロ接合バックコンタクト構造」を採用した。

 「バックコンタクト構造」は、太陽電池の裏面に電極を配置することで受光面積を拡大し、発電量を向上させる。また、「ヘテロ接合」は、単結晶シリコン基板の表面にアモルファス(非晶質)シリコン膜を形成する技術。これらの技術を組み合わせることで高効率化を実現した。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施するプロジェクト「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」の一環。変換効率の測定は、電気安全環境研究所(JET)が行った。

 同社によると、今回の成果はあくまで研究室レベルのものであり、今後製品化に向けてさらに開発を進めていくという。