太陽光はパワコンの制御技術がカギ

 国内のこうした既存の系統連系に関する規定や技術要件は、自然変動再エネの大量導入を想定していなかったため、需給の変動に伴う調整機能や周波数数変動への対応などが十分でなかった。そこで、電源ごとに、こうした視点からグリッドコードの技術要件を検討し、「系統連系技術要件」に反映していくこととした。

 風力については、今後1~2年で整備し、2021年度以降、順次導入することになっている。風力と並行し、太陽光やバイオマス、火力発電についても、グリッドコードの整備を進めることになっている。

 ただ、技術要件の原案などを、電力会社やメーカーなどの業界団体を主体に作成した場合、迅速性や中立性の確保に課題があり、検討の進め方が課題になっていた。そこで、今回、経産省は、広域機関(OCCTO)に専門的な人材を置くなど予算措置を講じて具体的に検討できる体制を整備する、との案を提示し、委員から了承された。

「グリッドコード」の検討と「系統連系技術要件」の変更に係る基本的な流れ
(出所:経産省)
[画像のクリックで拡大表示]

 太陽光発電のグリッドコードに関しては、電力系統との連系点を通じて、送電の状態を監視・制御するパワーコンディショナー(PCS)の仕様などがカギとなる。現時点で、広域機関には、こうしたPCSの制御技術に詳しい人員を確保していないため、今後、同機関にこの分野の専門人材をいかに集めて、検討していくのかが次の課題になる。