大陽日酸は、同社川崎水江事業所(神奈川県川崎市)に再生可能エネルギーを利用したオンサイト型CO2フリー水素充填システムを設置し、燃料電池フォークリフトを事業所内で運用するプロジェクトに取り組む。3月12日に発表した。

 事業所内の屋根上に設置した太陽光パネルで発電した電力を利用し、水電解式水素発生装置で発生させた水素を事業所内の燃料電池フォークリフトの動力源に使用する。太陽光パネルの出力は60kW、水電解式水素発生装置および水素圧縮機の能力は6Nm3/h、燃料電池フォークリフトの連続充電台数は5台になる。

オンサイト型CO2フリー水素充填システムの概要
(出所:大陽日酸)
[画像のクリックで拡大表示]

 太陽光発電システムのメーカーは現在選定中。トヨタエルアンドエフ神奈川が環境省の「水素社会実現に向けた産業車両等における燃料電池化促進事業」および神奈川県からの助成を受けた燃料電池フォークリフトをリース契約する。

 再エネ水素ステーションは、環境省の公募事業「平成30年度 二酸化炭素排出抑制対策事業等補助金(再エネ水素を利用した社会インフラの低炭素化促進事業『地域再エネ水素ステーション導入事業』)」の採択を受けて建設する。2019年12月に完成する予定。

 川崎市が推進する「水素社会の実現に向けた川崎水素戦略」のもと、中規模オンサイト型充填基地のモデルとして構築する。CO2抑制に貢献するとともに、地域社会への水素の普及拡大、社会受容性向上の一環として同事業を活用していく。