慶應義塾大学と京都工芸繊維大学、帝人、ADEKAは2016年3月11日、ポリエチレンテレフタレート(PET)を分解して生育する細菌を発見し、その分解メカニズムを解明したと発表した。PETは自然界で生物分解できない物質であるという通説を一部覆すもので、PET製品のバイオリサイクル技術の開発に貢献することが期待される。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!