1. はじめに

 2017年2月15~17日の3日間、東京ビックサイトで開催された「Printable Electronics 2017」と「nano tech 2017」の展示会から、筆者が注目した展示を8回にわたって紹介する。第6回目は、石原ケミカルのフォトシンタブル型導電性銅(Cu)ナノインクと印刷法による投影型静電容量方式タッチパネルの試作を紹介する。

2. フォトシンタブル型の導電性銅ナノインク

 フォトシンタブル型の導電性銅ナノインクは、フラッシュランプ光照射により1秒以下の短時間で焼成可能である。焼成後の銅皮膜は、純銅の数倍程度の非常に小さな比抵抗であり、基材と優れた密着性を持つ。回路形成をはじめとした様々な分野へ適用可能である。

 以下に特徴を列記する。

・大気下、室温、短時間で焼成可能なプロセスであり、ロール・ツー・ロールへの適用も可能
・純銅に近い比抵抗の皮膜が得られる
・ポリイミド、PET、PEN、PC、ガラスなどの基材上に回路形成が可能
・電解、無電解めっきにより増膜が可能
・印刷法に合わせて、インク特性を調製

 図1に、インクジェット用およびグラビアオフセット用インクを示す。

図1 インクおよび皮膜の特性
石原ケミカルの資料。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!