納入したレドックスフロー蓄電池システム
(出所:住友電気工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 住友電気工業は3月3日、台湾電力の総合研究所に、定格出力125kWのレドックスフロー蓄電池を納入したと発表した。

 台湾は、太陽光発電と風力発電を軸に、再生可能エネルギーの導入を積極的に推進している。2025年には、発電量の比率を全体の20%に引き上げる目標を掲げている。

 この中で、台湾電力の総合研究所は、太陽光・風力を軸とする再エネ発電電力の出力の平滑化やピークカット、電力コストの最小化、デマンド・レスポンス(DR:需要応答)、自立運転など、さまざまな用途の実証実験を計画している。

 実証試験用の設備は、蓄電池、太陽光パネル、風力発電設備、ディーゼル発電機、負荷などである。

 このための蓄電池として、住友電工のレドックスフロー蓄電池の採用が2016年5月に決まった。蓄電池は、2017年2月に同研究所内に納入、設置した。住友電工は、実証実験にも協力していく。

 納入した蓄電池の定格出力・容量は、125kW×6hとなっている。

 住友電工では、今後もレドックスフロー蓄電池や海底電力ケーブルといった関連製品の供給を通じて、台湾における再エネの導入促進に寄与したいとしている。