ニュース

オムロンとSolarEdge、国内太陽光向け製品で提携

2019/03/05 16:06
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
オムロンとSolarEdge Technologiesの記者会見の様子
(出所:オムロン)
クリックすると拡大した画像が開きます

 オムロンとイスラエルSolarEdge Technologiesは2月27日、日本国内の太陽光発電市場に適合したJET認証を受けた製品の提供で協業すると発表した。オムロンは、JET認証を受けたSolarEdgeの単相パワーコンディショナー(PCS)の独占販売権を取得し、6月から販売を開始する。

 オムロンは、2018年3月からSolarEdgeの高圧太陽光発電システム向けパワーオプティマイザー製品と三相PCS製品を国内で販売している(関連記事)。今回の協業により、SolarEdgeは、従来のグローバル製品を国内太陽光発電市場に最適化した製品の開発、製造、技術サポートを提供する。

 SolarEdgeの製品は、太陽光パネルを1枚または2枚ごとに制御と監視を行うMLPE(Module-Level Power Electronics)技術が特徴。発電量を最大化するとともにシステム設計の自由度を高めた。枚数や出力が異なるパネルの接続や異なる方位や傾斜角でのシステム設計が可能という。

 また、オムロンは総代理店として製品・サービスの販売を行う。同社は、低圧から高圧までサポートする太陽光発電用PCSや蓄電池などのエネルギー関連製品をラインアップしており、関連会社のオムロンフィールドエンジニアリングが140拠点のアフターサービス網を構築している。

  • 記事ランキング