「RE100」に向けた段階的な目標
(出所:大和ハウス)
[画像のクリックで拡大表示]

 大和ハウス工業は3月1日、国際的な非営利団体である英The Climate Groupの主催する再生可能エネルギーおよびエネルギー効率に関する国際イニシアティブ「RE100」と「EP100」に加盟したと発表した。

 日本企業として「RE100」に加盟したのは、リコー、積水ハウス、アスクルに続き、4社目(関連記事)。同社によると、建設・住宅業界で「RE100」と「EP100」の両方に加盟するのは世界初、「EP100」への加盟は日本企業で初めてになるという。

 「RE100」は事業運営に要する電力を100%再エネで調達することを目標に掲げる企業連合。国連気候変動枠組条約「COP21」のパリ協定達成を目的とする。「EP100」は2030年までに企業のエネルギー効率を2倍にすること(省エネ効率を50%改善など)を目標に掲げる。

 加盟により、大和ハウスは、「2030年までに使用電力量を上回る再生可能エネルギー電力を供給(売電)し、2040年には同社グループの使用電力を100%再エネで賄う」「同社グループの事業活動におけるエネルギー効率を2030年に2015年比1.5倍、2040年に同比2倍にする」との目標を掲げた。

 大和ハウスグループは、2007年から自社未利用地を活用した再エネによる発電事業を推進しており、再エネ発電設備は227MWに達し、その発電電力は同社グループの総電力使用量(481GWh)の約6割に相当するという(関連記事)。2030年までにさらに再エネ電源の開発事業を強化し、使用電力の10割(100%)に相当する再エネ設備の導入を目指す。

 また、同社は、環境長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」に基づき「環境負荷ゼロ」に挑戦しており、2016年度には大和ハウスグループの事業活動におけるエネルギー効率(消費エネルギー量あたりの売上高)で2005年度比約2倍を達成した。

 大和ハウスでは、「ESG(環境・社会・ガバナンス)投資が注目される中、EP100やRE100は世界的な投資判断基準の一つとなっており、両イニシアティブへの加盟により財務基盤を一層強化する」としている。

 同社グループは、エネルギー効率向上と再エネ活用のモデルケースとして、2月26日にZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を実現した「大和ハウス佐賀ビル」を竣工した。今後、同施設で得られた成果を自社施設へ水平展開するとともに、同事務所をショールームとして活用して顧客へ環境配慮型施設の提案・普及を推進する(関連記事)。