トヨタ自動車は2017年2月22日、中心部と周辺部で断面積が異なるセルを一体成形した、排出ガス浄化触媒の基材「FLAD」を用いた新型触媒を製品化することを発表した。2017年春ごろ発売予定のレクサス「LC500h」に搭載する。排出ガスの流れを均一化することで、従来と同等の触媒性能を維持しながら触媒貴金属の使用量を約20%低減し、触媒の容量も約20%小型化した。LC500hを皮切りに、新型車両へ順次搭載していく。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!