ZMPは2017年2月16日、1人乗り超小型EV車をベースとした自動運転技術開発用実験車両「RoboCar MV2 2017」を、同日から受注開始したと発表した(ニュースリリース)。顧客が開発したプログラムでステアリング、アクセル、ブレーキの制御が可能で、自動運転や運転支援技術の研究開発に活用できる。価格は800万円(税別)。

■RoboCar MV2 2017
(写真:ZMPのプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社が2012年から販売する「RoboCar MV2」の最新型。トヨタ車体製の超小型電気自動車「コムス」をベースに、ZMP独自の制御コントローラー、自動操舵システム、自動ブレーキシステムを搭載する。車速やブレーキ、ハンドル操作などを制御できるライブラリを用意しており、ユーザーは障害物回避や自動運転、遠隔操縦などのアプリケーションの研究開発を行える。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!