ハイブリッド手術室向けのソリューションを共同開発

GEヘルスケアとゲティンゲグループ

2019/02/06 18:00
宮川 泰明=スプール

 GEヘルスケア・ジャパンとゲティンゲグループ・ジャパンは、共同開発したハイブリッド手術室向けの新たなソリューションを2019年2月6日に発売した。自走式X線血管撮影装置「Discovery IGS 7 OR」とカラム手術台システム「マグナス手術台」で構成しており、外科手術とカテーテル手術を組み合わせて実施できるハイブリッド手術室を実現する。

ハイブリッド手術室のイメージ
クリックすると拡大した画像が開きます

 患者の高齢化により低侵襲手術のニーズが高まるとともに、手術の高度化や複雑化に応じてスムーズな手術遂行の必要性が高まっている。こうしたニーズに対応するために、GEヘルスケア・ジャパンとゲティンゲグループ・ジャパンが共同開発した。両社のパートナーシップにより、心臓疾患・循環器疾患の手術を多く行う病院や、脳神経外科や整形外科系の手術の増加を期待される病院を中心に、次世代に求められるハイブリッド手術室を提案していく。

 手術に求められるイメージング機器をGEヘルスケア・ジャパンが提供し、ゲティンゲグループ・ジャパンが手術室全体の最適なレイアウトや環境を提案する。今回のソリューションを構成する「Discovery IGS 7 OR」は、術中イメージガイダンス機能などにより、被ばく線量と造影剤の量を低減できるとしている。自走式のため、手術スタッフの動線確保のために移動したり、手術室の変化に柔軟に対応したりできる。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング