図1 2015年度第3四半期の決算を発表する富士重工業の高橋充氏
[画像のクリックで拡大表示]
図2 営業利益の増益要因
[画像のクリックで拡大表示]

 富士重工業は2016年2月4日、2015年度第3四半期(2015年4~12月期)の連結決算を発表した。同四半期累計の売上高は前年同期に比べて17.4%増加の2兆4186億円、営業利益は同40.5%増加の4357億円、経常利益は同50.5%増加の4340億円、当期純利益は同77.5%増加の3378億円だった。売上高とそれぞれの利益は、第3四半期累計期間として過去最高になった(図1)。

 2015年度第3四半期累計の世界販売台数は、前年同期に比べて7.3%増加の71万2000台だった。「レヴォーグ」など登録車の新車効果が薄れたことで日本販売は同5.6%減少の9万9000台と苦戦したが、北米や欧州などの販売が好調だったため、海外販売は同9.8%増加の61万2000台になった。

 海外市場のうち主力の北米は「レガシィ/アウトバック」の販売が好調で、同12.2%増加の48万3000台を記録した。世界販売台数と海外販売台数、北米販売台数はいずれも、第3四半期累計期間として過去最高だった。世界販売に占める北米販売の比率(北米依存度)は約78%となり、第2四半期累計期間の約67%に比べて11ポイント上がった。こうした好調な海外販売が大幅な増収増益に寄与した(図2)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!