住友金属鉱山は、情報通信端末の表面弾性波(SAW:Surface Acoustic Wave)フィルターに使われるタンタル酸リチウム基板(LT基板)とニオブ酸リチウム基板(LN基板)を増産する。設備増強への投資額は約60億円。2016年2月に着工し、2017年9月に設備を完成させる予定だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!