エクソル(京都市)とTEPCOホームテック(東京都墨田区)は1月28日、居住者の初期費用なしで太陽光発電システムが設置できるサービス「のせトク?」の販売で協働すると発表した。

 TEPCOホームテックは、東京電力グループで省エネ関連事業を手掛けている。

 「のせトク?」は、既築・新築を問わず太陽光発電設備を初期費用0円で設置できるサービスで、エクソルが開発・提供していた。顧客は、太陽光発電による電気を自家消費することで電気料金を削減し、余剰電力は固定価格買取制度(FIT)などにより売電する。太陽光発電による経済効果で利用料を賄うことで、差し引きで電気料金を削減できる仕組み。

 太陽光発電設備の利用料金と電気料金は合算してTEPCOホームテックから請求する。d同サービスの契約満了する10年後には、太陽光発電設備は顧客に無償譲渡される。ハウスメーカーやビルダーは、太陽光発電の設置費用を住宅ローン枠から切り離しつつ付加価値の高い住宅を提案できる。

「のせトク?」の相関イメージ図(新築住宅の場合)
(出所:エクソル)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の協働により、エクソルの協力販売会社1000社以上に加えて、TEPCOホームテックの持つ販路を利用できる。一方、TEPCOホームテックは、太陽光発電と省エネ機器を組み合わせた商品の販促を拡大する。まずは関東エリアで提携店などと協力して営業を促進した後、全国エリアに拡大する予定。

 今後は、企業のESG、SDGsなどの取り組み拡大に伴う太陽光発電の自家消費ニーズの高まりに応えるため、「のせトク?」のスキームを活用した工場や大型店舗など産業用太陽光発電システムへの展開も予定している。