十二指腸スコープの処置性と操作性を両立、オリンパス

効率的な洗浄作業を実現

2019/01/29 18:15
近藤 寿成=スプール

 オリンパスは、高い処置性と繊細な操作性を兼ね備えた十二指腸スコープ「TJF-Q290V」を、2019年1月31日に国内で発売する。

十二指腸スコープ「TJF-Q290V」
クリックすると拡大した画像が開きます

 十二指腸スコープは、口から挿入し、十二指腸乳頭部から処置具を挿入して胆管や膵管の診断・治療を行う医療器具。TJF-Q290Vは、4.2mmという大きな鉗子挿通用管路を採用しており、豊富なバリエーションの処置具を使用できる。

 さらに、処置具の胆管への挿入性・アプローチ性の向上を目指し、スコープから処置具が出る際の傾きの角度や、スコープの湾曲半径を小さくするなどの改良も図った。スコープを操作する手元側の押し引きやひねりがスコープ先端部まで伝わりやすい「高伝達挿入部」も搭載し、高い処置性と繊細な操作性を両立する。

十二指腸スコープ「TJF-Q290V」の操作部とスコープ先端部
クリックすると拡大した画像が開きます

 スコープ先端部に装着するカバーは、効率的な洗浄作業を実現するため、リユースからディスポーザブル(使い捨て)に変更した。また、鉗子台の構造を見直して鉗子起上ワイヤ管路を廃止したため、管路の洗浄作業が不要になった。さらに、専用の洗浄アダプターを利用することで、鉗子台周辺部も十分に洗浄できるという。

 十二指腸スコープの先端部には、処置具を抜去する際にガイドワイヤも一緒に引き抜かないためのガイドワイヤ固定機能(センターロック)を搭載している。TJF-Q290Vでは、センターロックの固定強度を強め、細いガイドワイヤを固定しやすくした。さらに、センターロックよりも強い固定強度のサイドロックを新たに追加した。2つの固定方法を選べるようになったことで、あらゆる患者や疾患に対する確実な処置をサポートする。