問診支援サービス提供開始、「臨床推論アルゴリズム」搭載

問診結果(左)は文章に変換され(右)、そのままカルテ記載可能

問診結果(左)は文章に変換され(右)、そのままカルテ記載可能