ニュース

戸田建設が「RE100」加盟、2040年に再エネ比率50%

2019/01/23 11:00
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
長崎田手原メガソーラー発電所
(出所:戸田建設)
クリックすると拡大した画像が開きます
五島市崎山沖浮体式洋上風力発電所
(出所:戸田建設)
クリックすると拡大した画像が開きます

 戸田建設は1月18日、自社の事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる国際的なイニシアティブ「RE100」に加盟したと発表した。再エネ由来電力の使用比率を2040年までに50%、2050年までに100%にすることを目指す。

 同社は、クリーンエネルギーへの移行をビジネスチャンスと捉え、メガソーラー(大規模太陽光発電所)と浮体式洋上風力発電事業への投資を行っている。また、1994年に地球環境憲章を制定し、環境リスク低減に向けた活動と、より良い環境の創造に向けた活動に取り組んでいる。

 今回「RE100」に加盟したことにより、再エネ由来電力の需要と供給が拡大され、さらなる普及につながるように活動を推進する。今後、再生可能エネルギー証書などを活用して再エネ利用率を高めていくとともに、同社が出資するメガソーラーのFITによる買取期間終了後の電力の一部を自社消費にあてることを検討する。

 このほかにも、同社が重点的に取り組んでいる浮体式洋上風力発電事業をさらに発展させることで再エネ由来電力の普及を進めていく。また、同発電の電力を自社消費に利用できる体制づくりにも取り組んでいく(関連記事:五島沖で22MWの浮体式洋上風力、グリーンボンドで資金調達)。

  • 記事ランキング