変換効率23.35%を達成したCdフリーCIS系薄膜太陽電池
(出所:ソーラーフロンティア)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソーラーフロンティア(東京都港区)は1月17日、カドミウムを含まないCIS系薄膜太陽電池(CdフリーCIS系薄膜太陽電池)のセル(約1cm2)において、エネルギー変換効率23.35%を達成したと発表した。同社が2017年11月に達成したカドミウムを含むCIS系薄膜太陽電池セルの最高変換効率22.9%を約0.4ポイント上回り、すべてのCIS系薄膜太陽電池セルにおいて世界最高の変換効率となる。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究による成果。CIS光吸収層の改良や光吸収層表面処理などの技術と、同社独自のCdフリーCIS系薄膜太陽電池の技術のそれぞれで高性能化を行い、さらに両者を最適な条件で融合させた。2018年末に産業技術総合研究所(産総研)にて確認された。

 ソーラーフロンティアのCIS系薄膜太陽電池は、カドミウムや鉛などを使用しておらず、優れた環境特性とともに、省資源で高い変換効率を両立したという。同社は今後、今回達成された基礎技術を応用することで、CIS系薄膜太陽電池モジュールの高出力化による低コスト化に取り組み、環境に優しく経済性の高い製品の実現を目指す。