いわきFCパークに診療所、地域医療に貢献

HealtheeOneといわきスポーツクラブが協業

2019/01/17 15:00
河合 基伸=日経 xTECH/日経デジタルヘルス

 サッカークラブ「いわきFC」を運営するいわきスポーツクラブはHealtheeOneと協業して、いわきFCパークに「いわきFCクリニック・いわきFCリカバリーステーション」を開設した。地域医療への貢献と健康課題の克服を目指す。

いわきFCクリニック・いわきFCリカバリーステーションを開設
クリックすると拡大した画像が開きます

 いわきFCクリニックとリカバリーステーションは、スポーツクラブが持つクラブハウス内に診療所と柔整鍼灸院を併設した日本初の施設になるという。いわき市が抱える「スポーツ×医療(救急医療や予防など)」の課題克服の一助を担うとともに、アスリートの診療や医療に従事する人材育成の場になることを目的とする。HealtheeOneは医療ITシステムの提供や遠隔での医療事務代行業務などを手掛け、医師をはじめとする医療従事者が医療現場で仕事に集中できるようにする。

いわきFCクリニックの受診者の流れ
クリックすると拡大した画像が開きます

 クリニックの院長には、いわきFCのチームドクターである齋田良知氏が就任した。国内外から医師を招へいして、最先端のスポーツ医学を学ぶ医療従事者が集まりたくなる場所となることを目指す。同時に、いわきFCパーク内での外来診療や、今後は往診による一次救急を提供していくことを検討する。なお一次救急と鍼灸(しんきゅう)は準備が整い次第開始する。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング