フィリップス・レスピロニクスは2018年1月15日、クラウド型の呼吸装置治療支援プログラム「ケア オーケストレーター」の日本国内でサービス開始を発表した。クラウドコンピューティング環境で稼働する呼吸装置治療支援プログラムとして、薬事承認を受けている。ヘルスケアに特化したフィリップスのデジタルプラットフォーム「HealthSuite」上で稼働する国内初のソフトウエアになるという(関連記事)

 ケア オーケストレーターは2016年に米国FDAの510(k)(一部のクラスI医療機器およびクラスII医療機器の販売前通知)を取得済み。米国内では睡眠呼吸障害の治療に使用されるCPAP(持続陽圧呼吸療法)に加え、在宅・院内で使用される人工呼吸器の使用状況管理ソフトウエアとしても利用されている。日本国内では、まずCPAPの治療支援を目的としてサービスを開始する。

ケア オーケストレーターの利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 治療機器に専用の通信機器を組み合わせて利用する。利用料はフィリップスより貸し出される医療機器レンタル費用に含まれる。患者の治療機器からケア オーケストレーターへの接続には従来使用していた通信機器が引き続き使用可能。通信機器のレンタル料金は月額1400円(税抜)で、全国の医療機関に対してレンタルを行う。