カナディアン・ソーラーのグループ会社が熊本県に稼働したメガソーラー
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 太陽光パネルメーカー大手のカナディアン・ソーラーは2018年12月17日、英TrailStoneとの間で、イタリア・シチリアで開発している出力17.6MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)で発電した電力について、10年間の電力販売契約(PPA)を締結したと発表した。英TrailStoneは、戦略的なコモディティ資産の取引や投資を手掛けている。

 同発電所は、2019年第2四半期に発電を開始する予定。年間発電量は34GWhを見込んでおり、イタリアの一般家庭1万2000世帯分に相当する。所有割合はカナディアン・ソーラーが51%、同発電所にターンキーEPC(設計・調達・施工)を提供する伊Manni Groupの一員で再生可能エネルギー事業者のManni Energyが49%。

 今回締結したPPAは、発電された電力を100%カバーし、イタリアで補助金が支給されていない発電所の中で最も長期間の契約になるという。同契約では、固定価格の買い取りで安定収入を得られるほか、余剰分を分配することで発電量に応じた上乗せも期待できる。また、契約の一環としてTrailStoneは、イタリアの売電市場に同電力の代表者として参加する。