服薬アドヒアランス向上へ、対面型薬剤情報システム搭載

PHCが保険薬局用コンピューターに

2019/01/11 16:00
河合 基伸=日経 xTECH/日経デジタルヘルス

 PHCホールディングスの100%子会社であるPHCは、対面型薬剤情報システム「DrugstarLead(ドラッグスターリード)」を搭載した保険薬局用コンピューター「PharnesV」を発売した。今回の処方に加えて前回の処方も薬剤の写真とともに表示する機能などを備えており、患者により分かりやすく説明できるようになる。

前回の処方も薬剤の写真とともに表示する
クリックすると拡大した画像が開きます

 PharnesVはネットワークサービスを通じて最新の医薬品情報を入手でき、写真付き薬袋や薬剤情報説明文書などを用いて患者に服薬指導を行うことができる。今回、新たに対面型薬剤情報システムのDrugstarLeadを搭載することで、患者の服薬アドヒアランスのさらなる向上を図る。

 処方薬の変更内容や薬剤師の服薬指導を踏まえた説明文書の出力機能も備えており、患者やその家族が自宅で処方薬の変更内容を確認できる。安全で確実な服薬治療に貢献するとともに、かかりつけ薬局としての機能強化に寄与する。