米Guerrilla RF社は、0.1G〜3.8GHzの周波数帯域に対応したRFスイッチIC「GRF6011」を発売した。単極双投(SPDT:Single Pole Dual Throw)タイプのRFスイッチである。特徴は、挿入損失が小さいことだ。RF入力からRF1出力の信号経路の挿入損失は0.43dB、RF入力からRF2出力の信号経路は0.33dBである(いずれも1.9GHz時の標準値)。携帯電話用信号ブースターや、携帯電話基地局、Lバンド(1G〜2GHz)を使った衛星通信機器、タワー・マウンテッド・アンプ(TMA)、車載用テレマティックス機器、RFID対応機器などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!