米Alpha and Omega Semiconductor社は、高速スイッチング用途に向けた+650V耐圧のIGBT(絶縁ゲート・バイポーラー・トランジスタ)「AOK40B 65H2AL」を発売した。同社のIGBT製品ファミリー「650V H2シリーズ」に含まれるものだ。特徴は、高速スイッチング用途に向けて、ターンオフ時間を短くした点にある。ターンオフ時の遅延時間は117ns(標準値)で、立ち下がり時間は16ns(標準値)である。溶接機や無停電電源装置(UPS)、太陽光発電用インバーター装置、力率改善(PFC)回路、高速スイッチングの電源(コンバーター)回路などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!