米Analog Devices社(ADI)は、角速度センサー(ジャイロスコープ)のバイアス安定性が1.8度/hr、加速度センサーが3.6μg(gは重力加速度)といずれも高い慣性測定ユニット(INU)「ADIS16490」を発売した。同社によると、「バイアス安定性は業界最高値を達成した」という。角速度センサーの精度指標の1つであるバイアス安定性をもとに分類した4つのグレードのうち、上から2番目に位置する「タクティカルグレード」に属する。航空機やドローン、機械制御、計測器などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!