旭化成エレクトロニクスは、環境雑音に対する耐性を高めた車載用A-D変換器IC「AK5522VN」を発売した。カーオーディオ用アンプなどに向ける。32ビット分解能のA-D変換回路を2チャネル分集積した。同社によると、「有信号時でも、電源電圧変動除去比(PSRR)とコモンモード電圧除去比(CMRR)はいずれも、3MHzと広い周波数帯域において80dBを確保した。この値は、業界最高クラス」という。車載向けだけでなく、USB経由の電源供給時の雑音に対しても高い耐性を備えているため、USBオーディオ用インターフェースやワイヤレススピーカーなどでも使えるとする。車載用半導体ICの品質規格である「AEC-Q100」に準拠する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!