日本電波工業は、外形寸法が1.2mm×1.0mm×0.35mm(12010サイズ)と小さいGNSS向け温度補償回路付き水晶発振器(TCXO)「NT1210AA」を開発した。サンプル出荷は2017年12月に、量産は2018年6月に開始する予定だ。重さは0.0015gである。1612サイズの同社従来品と同等の周波数温度特性を維持しつつ、小型化と低背化、軽量化を実現したという。「外形寸法は業界最小」(同社)。周波数温度特性は±0.5ppm(使用温度範囲が−40〜+85℃での最大値)である。GNSSに対応したスマートフォンやタブレット端末、ウエアラブル機器などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!