伊仏合弁STMicroelectronics社は、車載用半導体チップの品質規格「AEC-Q100グレード0」規格に準拠するオペアンプIC「LM2904WHYST」やコンパレーターIC「LM2903WHYST」を発売した。いずれも2回路入りのデュアル品である。AEC-Q100グレード0は−40~+150℃の動作温度範囲を保証するものだ。パッケージは、実装面積が4.9mm×3.0mmと小さい8端子MiniSOP。「競合他社のグレード0対応品は、標準的な8端子SOPに封止しており、これに比べると実装面積を50%削減できる」(同社)という。自動車のボンネットの下に配置するエンジン制御回路やLEDライト制御/駆動回路のほか、ABS制御回路などの高い安全性が求められる車載システムに向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!