米Allegro MicroSystems社は、I2Cインターフェース出力を備えた3軸リニアーホール効果センサーIC「ALS31300」を発売した。1つのICで、X軸とY軸、Z軸の磁界(磁束密度)を検出可能だ。出力はデジタル形式で、分解能は12ビット。ジョイスティックモードを備えており、X軸とY軸のホール効果センサーでジョイスティックの位置を検出し、Z軸のホール効果センサーでプッシュボタンもしくは「Crouch」の動作を検出できる。ゲーム機や、電気メーター(スマートメーター)、白物家電、産業機器などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!