旭化成エレクトロニクスは、空調システムなどに使われるCO2ガスセンサーに向けた赤外線発光ダイオード(LED)「AK9700AE」と、赤外線LEDドライバーを集積した赤外線センサー用アナログフロントエンド(AFE)IC「AK9721AE」を開発した。同社従来品である赤外線センサー「AK9710」と組み合わせて使用することで、非分散型光学式(NDIR:Non Dispersive Infrared)のCO2ガスセンサーを構成できる。民生機器などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!