米Linear Technology社は、最大データ伝送速度が4Mビット/秒のネットワーク規格「CAN FD(CAN with Flexible Data Rate)」に対応したアイソレーターモジュール「LTM2889」を発売した。同社のモジュール製品ファミリー「μModule」に含まれる製品だ。トランシーバー回路(送信回路と受信回路)のアイソレーター機能に加えて、絶縁型DC-DCコンバーター機能も搭載した。同社によると、「グラウンド電位が端子間で大きく変動し、許容範囲を超えることがある。この場合、通信の遮断やトランシーバー回路の破壊が発生する恐れがある」という。発売したモジュールは、内蔵した誘導性素子でCANトランシーバー回路を絶縁してグラウンドを分離する。こうすることで回路を保護するわけだ。車載機器や産業用ネットワーク機器などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!