米Semtech社は、レーザー駆動回路とリミティングアンプ(制限アンプ)を集積した10Gビット/秒のPON(Passive Optical Network)システム向けIC「GN28L95」を発売した。同社独自の自動レーザーキャリブレーション技術を搭載した。レーザー駆動回路とリミティングアンプを1チップに集積したほか、市場で入手できる低コストの通信用半導体レーザーやアバランシェ型フォトダイオード(APD)に対応できるため、部品コストを低減できるとしている。10G-PONや10G-EPON(Ethernet PON)に対応したFTTH(Fiber To The Home)用光端末回線装置(ONU:Optical Network Unit)/光加入者終端装置(ONT:Optical Network Termination)などに向ける。  

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!