米Linear Technology社は、鉛蓄電池とLiイオン2次電池に向けた充電アルゴリズムをあらかじめ搭載した充電制御IC「LTC4013」を発売した。同期整流方式の降圧型DC-DCコンバーター回路で構成した。スイッチング素子(nチャネル型MOSFET)は外付けで用意する必要がある。入力電圧範囲は+4.5〜60Vで、充電電圧(出力電圧)範囲は0〜+60Vである。端子電圧が+12Vもしくは+24Vの鉛蓄電池パックに最適化した充電アルゴリズを搭載した。さらに、複数セル直列のLiイオン2次電池パックの充電に向けて、フロート電圧を設定できる機能も備える。充電アルゴリズムやフロート電圧は、モード端子を使って設定可能だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!