米Maxim Integrated社は、消費電流を従来品に比べて最大50%低減した4-20mA対応のセンサートランスミッターIC「MAX12900」を発売した。電源電圧範囲は+4.0〜36Vで、消費電流は250μA(最大値)である。さらに外形寸法が5mm×5mm×0.8mmと小さい32端子QFNに集積したことも特徴の1つだ。従来品に比べて、実装面積を20〜50%削減できるという。4-20mA電流ループ用トランスミッターや、産業用オートメーション機器、工業用プロセス制御機器、リモート計測機器、スマートセンサーなどに向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!