米Vicor社は、鉄道用途に向けた絶縁型DC-DCコンバーターモジュールを発売した。実装面積が36mm×23mmの「3623 ChiPファミリー」に含まれる製品である。高いスイッチング周波数においてゼロ電圧スイッチング(ZVS)を実現する回路トポロジーを採用する。同社は、この回路トポロジーを採用したDC-DCコンバーターを「DCM」と呼ぶ。具体的な用途としては、鉄道の駅に設定するインフォメーションディスプレーや、車両の電動ドア開閉器、車両の照明器具などの電源回路を挙げている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!