東芝デバイス&ストレージは、機械式リレーやソレノイドなどの誘導性負荷の駆動に向けたデュアル構成の+60V耐圧パワーMOSFET「SSM6N357R」を発売した。2つのnチャネル型パワーMOSFETを1つのパッケージに収めた「デュアルタイプパッケージ(2in1)」品である。さらに、周辺回路に必要なプルダウン抵抗やシリーズ抵抗、ツェナーダイオードも内蔵した。パッケージは、外形寸法が2.9mm×2.8mm×0.8mmのTSOP6F。1個のパワーMOSFETを収めた製品を2個使う場合に比べて、実装面積を42%程度削減できるという。車載用ディスクリート半導体の品質規格「AEC-Q101」に準拠する。車載機器や産業機器、OA機器などに搭載する機械式リレーやソレノイドなどの駆動に使える。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!