独Infineon Technologies社は、飽和電圧(ドロップアウト電圧)が135mV(50mA出力時の標準値)と低いリニア方式のLEDドライバー(駆動)IC「BCR430U」を発売した。パワートランジスタ(パストランジスタ)は集積したため、外付けで用意する必要はない。ドロップアウト電圧を低く抑えたため、LEDドライバー回路全体の変換効率を高められるという。さらにLED素子の順方向電圧降下を含めた電圧のヘッドルーム(降圧分に対する予備値)を少なくすることが可能だ。建築用LED照明器具やLEDディスプレー、店舗用LED照明器具、緊急通報用LED照明器具などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!