韓国Samsung Electronics社の2016年第3四半期(7~9月)決算は、減収減益に転じた。売上高は前年同期比7.5%減の47兆8200億ウォン(約4兆3740億円)、営業利益が同29.6%減の5兆2000億ウォン(約4760億円)、純利益は同16.8%減の4兆5400億ウォン(約4150億円)となった。韓国と米国で8月に発売したスマートフォン「Galaxy Note7」の電池で発火事故が多発した問題が影響し、稼ぎ頭だったIT & Mobile communications事業の収益が急激に悪化した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!