羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングは、「Haneda Robotics Lab(ハネダ・ロボティクス・ラボ)」を設置し、ロボットの技術検証を目的に、羽田空港でロボット製品(プロトタイプを含む)の実験導入を行うと発表した。「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」と題して、第1期の参加事業者を公募する。公募期間は2016年9月16日~10月13日。実験は国内線第2旅客ターミナルの南側出発ロビーで、2016年11月初旬から2017年1月末日まで行う予定だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!